2009年7月30日

3Dの範囲

お久しぶりです。

おはようございます。
具現化師@ふょさんです。


3Dというとシュレックやトイストーリーなどのアニメを連想するが。
CGクリエイターが活躍するのはアニメだけでなく。
実写の映画だそうだ。

こちらの動画をご覧いただきたい。

マトリックスに初音ミクを合わせた動画だが。
一瞬、ミクの手前にスミスが表示される瞬間がある。

この瞬間のスミスは。
なんと、作成された3Dモデルなのだそうだ。

メイキング動画。

3Dってこういうのかーとワクワクしちゃいます。

他にも、実写にエフェクトをかける分野などもあって。
(爆発とか光とか)
それで映画などができているそうです。

昔は3Dと実写、3Dとアニメの区別がつきましたが。
最近の高度なものは見分けがつきません。

3DCADをモノ作りだけで終わらせてしまうのはもったいないと思います。

セカンドライフやスプリューム、シンセなどの3D空間。
デジタルデータはwebに乗ります。

まだまだこれからのようですが。
そんな世界は来るでしょうか。

0 件のコメント: