2018年5月27日

中国生活おわり

中国生活は残り1ヶ月になった。
2年は短いものだ。

2年の間(合計3年)、私はテレビを見ず、ネットだけで情報を得ていた。
(日本のテレビを見られるサービスがあるが、興味が無い)
情報はTwitterで入ってくるので、全く不自由はしない。

逆に中国のニュースは見て判らないので、中国の情報はほとんど入ってこない。
日本語になっていなければ、中国の情報を知ることはできない。

正直、中国に住んだところで、現地の情報を得られるかというと怪しいところだ。

2年が長いか短いかは判らないが、こう言われることがある。
「たった2年では判らない」

私は、それは違うと思っている。
日本に何十年も住んで、日本人と日本語を話しているあなたは、日本のことを判っているのか?

時間は問題ではない。
そんなふうに、国のことを判る。なんて日は来ない。
理解など、ありはしない。

それでも、せっかく中国にいるのに日本食ばかり食べていては勿体無いので、現地食も食べてみる。

火鍋、お粥、拉麺、ハルマキの柔らかいやつ、、、
正直言うぞ、大して美味くない。
食えるには食えるけど、わざわざ食いたいとは思わない。

とりあえず腹を満たすために、安いのは嬉しい。
300円(15元)程度で十分食える。
あと店が多い。そこらじゅうに飯屋が溢れていて、麺もご飯も食える。
ご飯はタイに近い米だけど。

ピータンが好きなんだけど、中国人に言うと変わり者扱いされる。
納豆みたいなもんだな。

あと、辛いのはダメだ。
四川料理、湖南料理。
あれは次の日にケツが痛くなるから危ないぞ。

最後だが、今更深センに興味を持って、3回ほど行ってきた。
加えて、中国関連の書籍を読み漁って、最後の最後まで情報を取っていくつもりだ。

 

私はね、中国生活の3年間をさほど重大なものだとは思っていない。
日本で引っ越しをするのと大差は無い。
言葉が通じないことは大した問題じゃない。

楽しいとは思った。
でも、また来ようとは思っていない。

2018年3月8日

偉い人の考え方

中国にいると、偉い人と話すことができる。

日本では似た者同士でグループを作るため、そんなことは無いけれど。

日本人が多くない環境では、日本人であれば平社員と経営者が顔を合わせる頻度が高い。

 

IQが違いすぎると話が合わないそうだが、レベルではなく次元が違うだろう。

この人は、なぜこの話をするのか。
この人は、何に興味を持っているか。
この人は、何が見えているのか。
この人は、何を目指しているのか。
この人は、どうやってこの地位に就いたのか。

 

まるで違う生き物と会話しているような感覚になる。

外国人、男と女、それは違うのだけれど。

偉い人というのは、もっと違う。

人間的な優劣がどうとかではなく、偉い人は何か特別なものを持っている。

それが何だか、まるで判らない。

2018年2月20日

本質と価値

◯◯とは××だ。

という言い方をよく使う。

 

例えば、カネとは信用だ。

モノづくりの物とは器だ。

仕事とは人の願いを叶えることだ。

 

Aという仕事とBという仕事をして、共通点を見つけ出す。

それは仕事の本質に近づくだろう。

そして、共通点ではないもの。

それがAの価値だ。

 

モノづくりの仕事と、そうでない仕事をした。

共通点は人の願いを叶えること。

共通点ではないことは、物や技術を扱う。

それこそがモノづくりの価値。

他の産業には真似できない売り。

 

複数の事柄を集め、共通点とそうでないものに分ける。

すると、本質と価値が判る。

 

個人でも同じだ。

AさんとBさんの共通点は本質。

共通でない部分は、Aさんでなければならない価値だ。