2018年8月17日

生放送

最近、ニコ生をやっている。
 
昔やっていたが中国に移って辞めてしまった。
今回、色々思い出しながら再挑戦している。
 
昔のように緊張しなくなったし、余計なことを考えなくなった。
 
私としては、単純作業をコンテンツに変える手段であり、一人でも遠くの誰かと雑談できる手段だ。
 
実はビリビリや土豆にも登録していたが、余裕が無くてやらなかった。
少し悔やまれる。

2018年8月16日

失う覚悟が無い者は

失う覚悟が無い者は、何も得ることはできない。
 
どこの台詞かはご想像にお任せするとして。
 
私は覚悟を持って中国に行った。
日本の色々なものを失くすと判って。
私は覚悟を持って日本に来た。
中国の色々なものを失くすと判って。
 
失くす覚悟があれば得られるのかというと、そうではない。
失くす覚悟があっても、その先のビジョンを描けなければ、先に進むことはできない。
 
〇〇があれば、××が無ければ。
支払わなければ得ることはできない。
しかし、失うだけでは足りない。
 
ネットには安倍首相を叩く言動が多く見られるが、彼らは安倍首相を失った後の未来を描けていない。
もっといいリーダーを示せなければ。
代替案を示せなければ。
批判は無意味である。
 
私は私を否定する。
だがそれに勝る未来を示せなければ。
自傷や謙遜など無意味である。
 
失う覚悟の上に。
手に入れる覚悟が必要だ。

2018年8月15日

生存報告

富士山から帰ってきたぜ。
 
女性や子供でも大勢頂上まで登っていましたが。
 
かなりキツイだろあれ。
 
私には限界でしたよ。
 
富士スバルライン5合目から、20時半に登り始め。
(雨が止んでから出発した)
吉田ルートで8合目半まで行き。
4:50頃にご来光。(頂上には間に合わなかった)
それから10合目まで行き。
朝8に下山を始め、12時に富士スバルラインに到着。
 
昼は暑い。夜は寒い。突然雨が降る。
斜面が急だったり、足場が悪かったりして、転んだら大変。
 
ともあれ頂上に辿り着き、無事に帰ってこれました。
 
成功点
■飲み物2リットル。
夜は寒いが昼になって下山するのはかなり暑い。ポカリと塩タブレットとブドウ糖タブレットを持っていきました。
(チョコは溶けると思ったので無し)
トイレは少ないので飲む量と頻度の管理が必要。
■帽子
夜は帽子要らないんだけど。
昼になると必須。
暑さも日焼けも、あと突発で雨がふるのでその時にも有用。
(別途雨具も要る)
■バファリン
高山病に効くらしいので持っていった。
7合目以降で吐き気と頭痛が始まり、ヤバイと思ったので飲んだ。
あると安心。
 
失敗点。
■トレッキングポールは必要。
あれが無いと足場が悪い中登ることはできません。友人に借りました。
■防寒をしっかりと
真夏なので実感がわきませんが、夜の山頂はかなり寒い。特に風対策をしないと寒さでやられます。
■靴大事
私は足首が悪いので今回使ったトレッキングシューズでは不適切でした。
足に合ったシッカリものを選ばないと行きも帰りもキツイです。