2011年10月2日

CADエンジニアのジュエリーな話_02

02回、「作ったもの」
IMG_0446_2

作品名、「形態は機能に従う」

接着剤ですが何か?
シンプルイズベスト。地金を機械加工しました。
材料:シルバー、スワロフスキージルコニア、革紐、接着剤。
(黄色いのは真鍮です)

 

ギャグに走った感が否めませんが。
大真面目です。

石を地金に固定し、首からかけられる機能があります。
まさにペンダントですねw

手抜き。シンプル。
模様も考えましたが、無いほうを選択。
これでも、3回試作しています。

 

キャストではなく地金。
Gコード手打ち、エンドミルでNC加工です。
治具も自作しました。
外注はしていません。
メイドイン俺の部屋。
IMG_0356

ほら、ちょっと興味を持っていただけたでしょう?
(え?どうでもいい?)

 

プロのようなセンスも、紹介文も、写真もできません。
同じ方針、後追いの付け焼刃
ではプロに勝てません。

違う土俵、違う方針で戦わなければならないのです。

それでも勝てる感じはしてないんですけどねw

 

03回「製造編」
ぬるぬる待っててね☆

 

この記事に興味を持っていただけたら、投票ボタンをぽちっと。
俺がうっひょーとなります。

コンテストページはこちら。

2 件のコメント:

rhinoman さんのコメント...

この時代にシンプルなものは好感持てますよ。しかも自分の持ち味で戦おうとしている。

ふょ85 さんのコメント...

rhinomanさん

コメントありがとうございます。

なかなか厳しいのですが、試験的な方針としてはありかと。
複雑で凝った形状は、オーダーメイドでは必要かもしれませんが、一般に売られているものでは、そこまで要らない気がします。
それよりも「実際作れるのか」を判らないといけないですね。痛感しました。