2011年4月9日

なかなかなかなか

ちょっとずつ作り方を確立しつつある。
顔はラクガキですよ。
image

当初は全部3Dプリンターだったのですが。
なんせ金額がにゃんにゃん。

頭だけは3Dプリンターと思ったのですが。
業者に行くタイミングがにゃんにゃん。

 

結局ほぼ手作りになってしまい。
デジタル関係ないじゃんw

 

一応、こういうことになっています。
洋服の型紙的なペーパークラフトもどき。
image

布でもやりたいなと思案中。

足は粘土で制作中。

 

問題は。

襟が細かすぎて工作できないのと。
腕をどうしようか。
針金的なものを模索中。

 

3Dプリンター使わないんだったら高くならないし。
大きい方が作り易いんじゃないかね?

 

粘土に絵の具混ぜるとか。
顔を手書きするとか。
粘土よりエポパテだとか。
塗装後のクリアラッカーだとか。
デカールを貼るだとか。
透明な箱で梱包するとか。

思いっきりアナログの方向へ走りつつあります。

 

 

CADデータなんてじゃんじゃん公開して構わないと思っているのですよ。

何の方法で、何に使うものなのかを理解し。
それについてある程度の熟練が無ければ。

デジタルデータなど何の役にもたたないのです。

 

↑のデータをもらったところで。

顔と髪は3Dプリンターで。
服をペーパークラフトにして。
体を粘土で作って。
腕を針金で作って。
透明な箱で梱包して。
それぞれ何の材料を使って。
トータルいくらで作れて、いくらで売るのか。

まったくサッパリ判らないのですよ。

 

だからデータをじゃんじゃん漏洩したところで。
まったくサッパリ問題は無いのです。

本業の方は絶対しませんよ。
誤解なさらずに。
あっちは規模が違いますから。

 

ええと。
↑のは版権物なので販売はできません。

キャラ作れる人って凄いよね。

0 件のコメント: