2014年12月7日

科学と技術

縄文時代と21世紀、どちらが幸福だろうか。

22世紀に生まれなかった我々が不幸ではないのと同様に。
21世紀に生まれなかった縄文人は不幸ではなかったはずだ。

幸福は変わらない。

では、我々が積み上げてきた歴史とは何だったのか。
今積み上げているのは、明日の幸福に繋がらないというのか。

 

科学と技術は違う。

科学。
理屈や記録や情報のようなものだ。教科書や公式のようなもの。
技術。
実際の行い。誤差やイレギュラーを含む、理解していなくても手を動かしたこと。

 

我々は、科学の上に立っている。
縄文時代に比べ、医療や防災は確実に優れている。
衣食住も安定している。
これは積み上げた科学だろう。
image

科学は皆平等だ。Wikipediaのように誰でも見ることができる。
その土俵に立っていては、差別化はできない。
誰でも出来ることでは金儲けにならない。

縄文時代なら土器は大切だったかもしれないが。
21世紀では皿は100円ショップで買える。
米や小麦粉は大切だが、21世紀の日本ならスーパーで買うことができる。

そこで技術だ。
技術を科学の上に積む。
他人に出来ないことができるようになる。
それを人に提供することで金を貰う。
技術は経験であり価値だろう。
image

技術は、悪い意味でも経験だ。
20才なら、20才なりの経験しかない。
それは覆せない。
だからこそ、積み上げるべき価値なのだ。

幸福も同じようなものだろう。
縄文時代と21世紀の幸福が同じなのは、幸福が相対的なものだからだ。
アイスの後のコーラが酸っぱい、冷水の後のぬるま湯は熱い。
幸福は自然に得られるものではなく、能動的に得なければならない。
幸福は始めから存在するが、それに気付く努力は必要だ。
image

科学が要らないわけではない。
技術と同時に科学も積み上げないといけない。
教科書やWikipediaに情報を記録したり、データを整理して法則を発見したりする。
それは情報だ。
情報は、インターネットで地球の裏側まで届くし、高速でコピーできる。

オープンソースは科学。コピーしても金に変える価値は無い。
そこから得られる経験は技術。コピーできないしネットで伝えられない。
写真を撮ったり文字にしたり映像を配信したりすれば、技術の一部は科学になり、オープンソースが強化される。

技術は経験、価値、幸福、やれ!
科学は歴史、集合知、マニュアル、文明の利器、インターネット。
image

さて、もう一息だ。
インターネットの上で価値を産むためにはどうしたらいいのか。
つまり、この世界で飯を食うにはどうしたらいいか。
幸福になるためにはどうしたらいいのか。だ。

0 件のコメント: