2009年6月10日

JCADとメタセコ

引きこもりです。

こんばんわ。
ふょさんです。

初めに断っておきます。
私は素人です。

貧乏学生の観点で、何かのネタになればと思い書いてみます。

お題。
JCADのブーリアンエラーを、メタセコで修正します。

必要なもの。
・JCAD匠
・メタセコLE版(フリーウェア)
・MiniMagics(フリーウェア)

ブーリアンをしまくって、わざとエラーを出しました。
image

MiniMagicsで開いたところ。
image

エラー21があります。
これを修正します。

まずJCADからDXF出力して、メタセコに読み込みます。

小窓が出ますので、下のチェックボックス2つにチェックします。
image

開くと、ポリゴンが欠けていたりします。
これがエラーの原因です。
image

21ものエラーを修正するのは大変なので、ちょっとチートを使います。

メニュー>オブジェクト>近接する頂点をくっつける

この小窓が出るので。
image

0.01と入力してOKします。

これで、1/100ミリ以下の隙間が無くなります。
(厳密に言えば頂点の間隔です。細い面は残ります)

工業製品ならダメかもしれませんが、ジュエリーなら平気ですよね?ね?ね?ね?

あとは、MiniMagicsの赤い部分と比べながら、ポリゴンを貼ります。
(ここはとっても根気の要るところです)

さっきの穴はこうなりました。
image

終わったらDXFで出力します。
(DXF出力はメタセコLE版でないとできません)

小窓が開くので「左右に反転」「三角形を4点で出力」にチェックを入れてOKします。
image

DXFデータをJCADで読んで、STL出力します。

MiniMagicsに読み込みました。
image

エラーはありません。

このように、フリーウェアでブーリアンのエラーを修正することが可能です。

2 件のコメント:

yoshihisa さんのコメント...

ふょさん、 佐藤 善久です。

勉強になりました。

ふょ さんのコメント...

佐藤善久さま。

エラーで困った経験がないので使えるか判りませんが。
とりあえずMiniMagicsでは出ないってことで。

iPodのほうもですが、メタセコ初めてだと難しいかもしれません。

な~かなか。
説明下手っていうのもありますがw